オーナーと後継者の意見がぶつかってしまい、事業承継が進みません。2人の意見の相違を解消するには、どうすればいいでしょうか?

 

オーナーと後継者が共に、それぞれの役割の違いを認識して、お互いを尊重しあうことが大切です。

1.オーナーから見た事業承継、後継者から見た事業承継
(1)オーナー側の意見
・自分が築き上げてきたものを任せるには、まだまだ不安です。
・自分と同じような苦労をしていないのに口ばかり達者で、生意気に感じます。

(2)後継者側の意見
・既に別の会社でサラリーマンをしていて、社長になりたくありません。
・社長として会社を経営していく自信がありません。
・先代が引退しても口うるさそうで、面倒です。

2.ギャップを埋めるために
(1)オーナー側に求められること
会社の未解決問題をそのままにしない(大きな借金の存在は明らかにしておく等)ことや兄弟姉妹・親族争いの火種を消し切ること等により、スムーズな事業承継のための環境をつくりましょう。

(2)後継者側に求められること
・独自色を出すことに固執せず、先代がつくり上げてきたものに対して敬意を表しましょう。
・一人で突っ走るのではなく、重要な問題は先代に相談しましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.